2018_fespos.jpg

2016年06月06日

第三者も認める魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ 70キロ(1本)、サバ 520キロ
       マルソウダ 17トン、マイワシ 1.8トン
       カタクチイワシ 290キロ、スルメ 70キロ
       イナダ 40キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:シイラ 890キロ、マルソウダ 4.3トン
       サバ 80キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 550キロ、サバ 110キロ
       アジ 40キロ、シイラ 50キロ
       マルソウダ 280キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マルソウダ 120キロ、イナダ 60キロ
       サバ 650キロ、アジ 80キロ
       マイワシ 100キロ
「福浦」定置:シイラ 870キロ、ワラサ 1.3トン
       サバ 50キロ
「大磯」定置:サバ 510キロ、ワカシ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 420キロ、イサキ 50キロ
       マルソウダ 50キロ、マイワシ 400キロ
「川奈杉本」:アカカマス 60キロ、マルアジ 40キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「宇佐美船」:生シラス 170キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 330キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 1.1トン ほか

大島釣船 ・・・ 釣カツオ 400キロ

こんなに大きいのは何年ぶりかと言うほどの70キロ台の「キハダ」一本を先頭に、久しぶりの「マルソウダ」が17トン強の大漁。さらに「シイラ」や「ワラサ」、「マイワシ(ヒラゴイワシ)」など満点のボリュームで来場者を驚愕させ、今朝も全力のおもてなし。
梅雨入りしたとはいえ、その曇りを吹き飛ばすような勢いの鮮度で明日も張り切りたいですね。
posted by にゃー at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック