2018_fespos.jpg

2016年06月14日

魚市場は魚好きホイホイ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 280キロ、アジ 160キロ
       シイラ 300キロ
「石橋」定置:アジ 1.5トン、小サバ 500キロ
「 岩 」定置:シイラ 1.2トン、アジ 130キロ
「原辰」定置:アジ 110キロ、シイラ 70キロ
       マイワシ 300キロ
「江の安」定:アジ、スルメイカ ほか
「二宮」定置:アジ 620キロ、サバ 210キロ
       マルアジ 150キロ、アカカマス 70キロ
「福浦」定置:シイラ 800キロ、サバ 150キロ
       ヒラマサ 80キロ、カタクチ 130キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:マルアジ 110キロ、サバ 60キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 1.3トン、ニベ 140キロ

毎日、毎日、大量の魚たちがお出迎え。毎度、多くの魚好きに支持されてここまで参りました。
今の季節、「青物天国」と化した小田原の海は、まさに刺身好きに絶大の信頼と人気を獲得し、今さら不信任も有り得ません。
「青物」が嫌だからと言って、「カマス」やら「イサキ」が増える9月まで猶予を下さいと言ったところで、まるで無意味。
もしこれで不信任などと言うことにでもなれば、お魚天国・小田原の看板は下ろさざるをえないでしょう。
君は今晩、何の刺身を食べる?
posted by にゃー at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック