2018_fespos.jpg

2016年06月16日

記録と記憶に歓喜の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 400キロ、サバ 520キロ
       ワカシ 200キロ、マルアジ 70キロ
       カタクチイワシ 90キロ、小サバ 1.5トン
       シイラ 170キロ、スルメイカ 130キロ
       アカカマス 100キロ
「石橋」定置:アジ 400キロ ほか
「 岩 」定置:イナダ 400キロ、カタクチイワシ 150キロ
       アジ 100キロ、サバ 160キロ
       スルメイカ 70キロ、小サバ 500キロ
「原辰」定置:アジ 70キロ、マイワシ 170キロ
       イナダ 50キロ、カタクチイワシ 60キロ
「江の安」定:アジ 100キロ、シイラ 70キロ
       カタクチイワシ 40キロ
「二宮」定置:アジ 1トン、アカカマス 120キロ
       サバ 1トン、ワカシ 1.8トン
       イナダ 90キロ
「福浦」定置:シイラ 500キロ、サバ 120キロ
       マイワシ 110キロ、ワラサ 40キロ
       クロマグロ 1本(40キロ)
「大磯」定置:アジ 2トン、サバ 450キロ
       ワカシ 640キロ、小サバ 280キロ
       ニベ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 880キロ、アジ 70キロ
       マルアジ 60キロ
「川奈杉本」:シイラ 50キロ、メジナ 40キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 130キロ ほか
「真鶴定置」:キハダ 275キロ(14本)、ワラサ 610キロ
       シロカワカジキ 1本
「網代定置」:ワラサ 520キロ、アカカマス 150キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ

努力とは、必然的に奇跡を起こすための魔法だって事を教えてくれた。
それを祝うかのように、今朝の魚市場に水揚げされた「小田原アジ」は合計4257キロ。
これを奇跡と呼ばずして、何と呼ぶ。
posted by にゃー at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック