2018_fespos.jpg

2016年06月23日

魚市場の希望は地魚残留

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 4.1トン、ワカシ 570キロ
       サバ 260キロ、シイラ 100キロ
       アジ 90キロ、スルメイカ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ウルメイワシ 380キロ ほか
「江の安」定:マイワシ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:サバ 650キロ、アジ 240キロ
       小サバ 100キロ、ワカシ 300キロ
「福浦」定置:ワラサ 360キロ ほか
「大磯」定置:アジ 170キロ、サバ 120キロ
       ワカシ 240キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:キメジ 1トン
「川奈釣船」:釣キンメダイ 90キロ
「網代定置」:アカカマス 240キロ、ワラサ 120キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ、ワカシ 400キロ
「江ノ島網」:アジ 250キロ、マルアジ 60キロ

雨は降ったり止んだり。
「アジ」は獲れたり獲れなかったり。
それが海の事情。それが市場のカタルシス。
posted by にゃー at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック