2016年07月23日

東奔西走、魚市場は動かない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 1.4トン、サバ 60キロ
       ウルメイワシ 310キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 3.8トン、シイラ 70キロ
       ヤマトカマス 70キロ、サバ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 340キロ、ウルメイワシ 300キロ
       ヤマトカマス 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 240キロ、ウルメイワシ 120キロ
       マイワシ 110キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 160キロ、サバ 140キロ
       シイラ 100キロ、サワラ 40キロ
「大磯」定置:アジ 130キロ、アカカマス 240キロ
       サバ 1.1トン、ワカシ 60キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 50キロ、サバ 80キロ
       ムツッ子 50キロ
「川奈杉本」:シイラ、ヤマトカマス ほか
「下田釣船」:活アカハタ、活マゴチ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ、釣アカハタ、バイガイ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 300キロ

和歌山 ・・・ 釣キンメダイ 340キロ、釣キハダ 380キロ

「小田原」方面、全体的な「イワシ」の襲来。小さい「マイワシ」と「ウルメイワシ」がゴッチャで、ガッチャで、ムッチャ困る。
対して東方面で好漁続き。「二宮」定置に「アジ」あれば、「大磯」定置に「カマス」あり。そして「平塚」から来た「マアジ」300キロ、これが今朝の目玉という有様。
「平塚」の漁場は「川長三晃丸」と「日海丸」という2箇統の定置網があり、それをこちらでは「平塚定置」とまとめさせていただいております。今朝はそれぞれで「アジ」の漁獲があり、上場されました。お陰で量もまとまり、ありがたや。
両者は同じ平塚の海で漁を行うライバルでもあり、盟友。いつかは決着を付けなければならない日が来るのでしょうか?
準決勝でぶつかるかも知れない「平塚学園高校」と「平塚江南高校」の様に。どっちもがんばれ。
posted by にゃー at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック