2018_fespos.jpg

2016年07月26日

魚市場、夏の水軍祭り

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 130キロ、サバ 70キロ
       マイワシ 270キロ、小サバ 280キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 100キロ、ウルメ 70キロ
       小サバ 280キロ
「原辰」定置:マイワシ 70キロ ほか
「江の安」定:ウルメイワシ 70キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ウルメイワシ 480キロ、サバ 110キロ
「大磯」定置:アジ 320キロ、アカカマス 80キロ
       サバ 100キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 100キロ、サバ 150キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ
「伊東釣船」:釣スルメイカ 110キロ

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 120キロ
「平塚定置」:アジ 210キロ ほか

今年は少ない。何しろ獲れない。魚が獲れなきゃ、量が獲れない。値段の取れる魚が獲れない。ないない尽くしの、後ろ向き。このままじゃ秋の年貢が納められない。今さら開墾、治水したところで、間に合わない。せっせと兵糧売って、兵力増やして、城下町でも開発するか。あ、野望の話ね。
posted by にゃー at 12:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんで平塚にだけアジが居着いているのですか
Posted by 海ゆかば、子供電話相談室 at 2016年07月26日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック