2018_fespos.jpg

2016年10月28日

魚市場では皆がドゥテルテ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 950キロ、小イサキ 770キロ
       サバ 210キロ、イサキ 75キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 2トン、小イサキ 1.7トン
       カツオ 530キロ、小アジ 270キロ
       サバ 90キロ、小サバ 170キロ
       イサキ 50キロ、マルアジ 50キロ
「 岩 」定置:イナダ 7.6トン、小イサキ 160キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 350キロ ほか
「江の安」定:イサキ、ショウゴ ほか
「二宮」定置:ウルメイワシ 380キロ、サバ 80キロ
「福浦」定置:ショウゴ 420キロ、イナダ 180キロ
       メジナ 100キロ、ヘダイ 70キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ 520キロ、マイワシ 140キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 220キロ、アジ 40キロ
「真鶴定置」:オアカムロ 360キロ
「網代釣船」:釣アカムツ ほか
「伊豆諸島」:ハマダイ、モクズガニ ほか
「式根島港」:ヒメダイ、メジ ほか
「西伊豆釣」:釣スルメイカ 60キロ ほか

 東方面からは、
「佐島漁港」:ヤマトカマス、メアジ ほか
「茅ヶ崎刺」:活イセエビ 15キロ

本日はあいにくのお天気ではございましたが、お魚のご機嫌も麗しくハリとツヤが段違いでございました。
定置網は「イナダ」や「ヤマトカマス」、「小イサキ」が中心ではございましたが、「ショウゴ」や「シロダイ(ヘダイ)」らの秋のお魚さんたちもお目見えして、とても賑やか。
買受人の方々も口々に「どれを買うか迷ってしまいます」と種類の多さに感嘆の声を漏らし、「それをお買いあそばせ」などと買い物を楽しむ淑女の如く、あれやこれやと目移りしている様でございました。
競りが始まっても終始大変和やか。地物の「アジ」など少ないこともあって、一部にとても元気の良い発声と挙動で、闊達な動作をなさる方もおられましたが、多くのお客様は非常に紳士的な声やりと手やりで競りにご参加下さいました。
本当にこの魚市場に出入りする方々は、実に美しい日本語を話す人たちだと感心しきりでございました。
また明日もお魚さんとの良い出会いがあることを祈りつつ。では、ごきげんよう。
posted by にゃー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック