2018_fespos.jpg

2016年10月28日

ホソカマス

20161028_hosokawa.jpg
魚市場に現れた細マッチョ


一見「ヤマトカマス(ミズカマス)」。
いや、どう見ても「ヤマトカマス(ミズカマス)」。

これを見つけた細マッチョは、すごい。

体側に現れた2本の金色の縦縞。40センチほどの大きさにあって、小さめの口。
腹びれが背びれの位置よりもわずかに前にあるなど、なるほど特徴が一致。

比較的南方の、それも沖縄や石垣島でダイビングをするとよく見られる様な魚らしいが、図鑑等の分布では相模湾以南となっている。なるほど、伊豆半島周辺でも目撃例もある様だ。

ちなみに漁獲は「米神」定置。

この時期、大量に獲れている「ヤマトカマス(ミズカマス)」の中に今までも数本くらいは混じっていたのだろうが、この存在に気付いた人間は初めてである。「カマス」は一定の群れを作って泳ぐ種類であるから、一本泳いでいれば、必ず仲間がいるのだろう。今後はより目を凝らして見ることとしよう。
posted by にゃー at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック