2016年11月30日

お祓い後の魚市場百度参り

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバフグ 560キロ、アカカマス 180キロ
       アジ 370キロ、ヒラソウダ 100キロ
       サバ 210キロ、マルアジ 90キロ
「石橋」定置:サバフグ 480キロ、アカカマス 210キロ
       アジ 380キロ、サバ 200キロ
       ヒラソウダ 100キロ、メアジ 80キロ
「 岩 」定置:メアジ 810キロ、サバフグ 170キロ
      アカカマス 90キロ、アジ 40キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ウルメイワシ 120キロ、サバ 90キロ
       メアジ 50キロ
「大磯」定置:アジ、カワハギ ほか

 伊豆方面からは、
「伊豆諸島」:ハマダイ 50キロ ほか

晦日の水曜日は、魚市場にとって仏滅・三隣亡を意味します。
近海の「サバフグ」の水揚げは減りもせず、しかも「米神」、「石橋」両定置で特異的に獲れており、加工屋さんも安泰の絶賛手当て中。同じく「小アジ」も網に入り続けており、今年は夏の孵化群が多かったのか、来春に向け「地アジ」の増加が期待されます。
posted by にゃー at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック