魚体中骨抜き器販売中

2016年12月13日

この魚市場の片隅に

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 520キロ、アカカマス 60キロ
「石橋」定置:サバ 70キロ、アジ 40キロ
「 岩 」定置:サバ 480キロ、アカカマス 190キロ
      メアジ 140キロ、小サバ 90キロ
「原辰」定置:カワハギ 60キロ ほか
「江の安」定:カワハギ、サバ ほか
「二宮」定置:ウスバハギ、サバ ほか
「福浦」定置:サバ 100キロ、スルメイカ 60キロ
「大磯」定置:小サバ 260キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ、釣ムツ ほか
「伊東釣船」:釣キンメダイ、釣ムツ ほか
「南伊豆釣」:釣マダイ、釣ワラサ ほか
「大島波浮」:釣アブラボウズ 1本
「伊豆諸島」:タカベ、キンメダイ ほか
「下田漁港」:キンメダイ 420キロ、イサキ 110キロ
       メダイ 80キロ、ブダイ 90キロ

 東方面からは、
「松輪漁港」:アブラボウズ 120キロ(3本)

南伊豆釣船 ・・・ 釣アブラボウズ 770キロ(15本)

地物の「サバ」、伊豆周辺の「キンメダイ」の並ぶ市場の流しもよくよく見れば、その片隅に思いがけないお宝が並んでいます。
今朝もシーズンの終盤が近づいている「ナガスミヤキ(クロタチカマス)」や夏の名残の大きな「トビウオ」、北から流れてきた数本の「サンマ」に今年は少ない「タチウオ」、そして南方から「ヤマブキハタ」等の他、漁獲減少の「イセエビ」や「オキナヒメジ」、果ては「タツノオトシゴ」や「キンチャクダイ」にいたるまで。必ずアナタの心に響く一匹が見つかります。
決して当て逃げなどなさらない様に、競りで当たった魚は責任を持ってお持ち帰り下さい。

今日のヒラメ ・・・ 172枚
posted by にゃー at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック