2018_fespos.jpg

2016年12月22日

もんじゅに嫉妬する魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 110キロ、サバ 240キロ
       イシダイ 100キロ、アカカマス 80キロ
「石橋」定置:サバ 150キロ、アジ 80キロ
「 岩 」定置:小サバ 1.3トン、サバ 1.4トン
       サバフグ 70キロ
「原辰」定置:カワハギ 30キロ ほか
「江の安」定:カワハギ、マルアジ ほか
「二宮」定置:アカカマス、ウスバハギ ほか
「福浦」定置:カワハギ 110キロ ほか
「大磯」定置:小サバ 50キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 170キロ
「川奈杉本」:ヒラスズキ 30キロ、メジナ 30キロ
「西伊豆釣」:ヤリイカ、ヒラスズキ ほか
「波浮漁港」:ムツ、キンメダイ ほか
「下田漁港」:キンメダイ 100キロ、イサキ 100キロ
「伊豆諸島」:メダイ 110キロ ほか

東方面からは、
「松輪漁港」:アブラボウズ 830キロ(23本)
「平塚定置」:アジ、サバ ほか

南伊豆 ・・・ 釣アブラボウズ 550キロ(12本)

あれだけの失敗をしていながら、まだ高速増殖炉の計画はなくならないという。
ダメならつぶして、また新しいのを作ればいいや。砂場であそぶ子どもの砂山かと。
対して雨が降れば堂々と雨漏りをする痛ましき魚市場の建屋。昨今の衛生管理型魚市場施設と比べると、大きく見劣りする時代錯誤的な設計。産業的にも過去の遺物となりつつある業界にあって、施設ですら歴史的建造物になろうとしている今。
小田原の市の中心部には、多くの産業や文化に関わった施設としての「街かど博物館」なるものが制定され、広報されているが、この魚市場だって立派に水産業を発展させた歴史を持ち、しかも現在進行形で小田原を支える立派な産業施設である。言うなれば現役バリバリの陸の軍艦島である。
是非とも「街かど遺構」として登録し、この哀れな姿を世間に広く晒してあげたいものである。

今日のヒラメ ・・・ 206枚
posted by にゃー at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック