2017_fespos.jpg

2017年02月16日

魚市場のファクトを伝える

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 70キロ、サバ 70キロ
       アジ 35キロ、マルアジ 30キロ
「石橋」定置:イシダイ 40キロ、マルアジ 40キロ
「 岩 」定置:ヤリイカ、ウルメイワシ ほか
「原辰」定置:ブリ 1本、イシダイ ほか
「江の安」定:イシダイ 80キロ ほか
「二宮」定置:ブリ・ワラサ(5本) 40キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス 250キロ、イボダイ 110キロ
       アジ 60キロ

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣キンメダイ、釣メダイ ほか
「波浮漁港」:キンメダイ 60キロ ほか
「下田漁港」:キンメダイ 220キロ、イサキ 95キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ、ヤリイカ 40キロ

今朝、魚市場に水揚げされた「ブリ」、「ワラサ」の類いは全部で7本。
まず一本目、11キロの特大「ブリ」。太りも良く、堂々たる存在感。まるで「まさお」。
そして、それに寄り添うようにメスの「ワラサ」が2本。いわゆるこれが実行犯。
離れたところでそれを見つめる4本のオスの「ブリ」と「ワラサ」。
まるで魚市場はクアラルンプール国際空港。

今日のヒラメ ・・・ 193枚
posted by にゃー at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447052571
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック