2017年02月25日

魚市場は魚の錬金術師

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 15トン、サバ 200キロ
       イシダイ 60キロ、マイワシ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:カタクチイワシ 9.6トン、サバ 110キロ
      ホウボウ 50キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.6トン ほか
「江の安」定:メジナ 150キロ、イシダイ 30キロ
「二宮」定置:イシダイ 230キロ、カワハギ 90キロ
       カタクチイワシ 1.4トン
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カタクチイワシ 120キロ、サバ 190キロ
       イシダイ 45キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 360キロ ほか
「式根漁協」:メダイ 80キロ ほか

東方面からは、
「松輪漁港」:サワラ 70キロ

あれだけ無かった地魚が、「カタクチイワシ」ご一行様の到着で一気に大漁となり、市場は周辺も含めてとても賑わっている。
昨日から現れた特大「カタクチイワシ」の群れは、まだまだ終わる気配を見せず、来週も獲れ続ける様相を示しており、続く漁獲に期待は高まるばかりだ。中には20センチ近い特大「カタクチイワシ」も含まれて獲れており、たかが「カタクチイワシ(ヒコイワシ)」と侮れない集団である。
今後はこの「カタクチイワシ」を追ってフィッシュイーター系大型魚の接近、漁獲が期待されるが、定置網をほぼ満タンに覆い尽くすほどの大群に、今のところは他の魚に出る幕は無さそうだ。

今日のヒラメ ・・・ 196枚
posted by にゃー at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック