魚体中骨抜き器販売中

2017年03月09日

森友は魚市場、籠池は定置網

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 460キロ、サバ 900キロ
       ウルメ 170キロ、カタクチイワシ 810キロ
「石橋」定置:アジ 450キロ、サバ 130キロ
       カタクチイワシ 90キロ
「 岩 」定置:アジ 100キロ、イシダイ 100キロ
      カタクチイワシ 750キロ、サバ 400キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 360キロ、サバ 100キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 260キロ ほか
「二宮」定置:イシダイ 160キロ
「福浦」定置:アジ 50キロ、サバ 280キロ
「大磯」定置:サバ 2.9トン、アジ 50キロ
       アカカマス 1.1トン

伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ 1.5トン、アカカマス 100キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ ほか
「茅ヶ崎網」:イセエビ 若干 ほか

森の恵みたる栄養豊富な雨水が、田畑を潤し、そして海を耕す。そこにプランクトンが育まれ、小魚を呼ぶ。その餌を求めて集まる「ブリ」そして大型魚。まさに森の恩恵によって獲れた「ブリ」が集まる魚市場は、森の友達と言えるだろう。
さらに目の前に広がる大きな池、人はそれを「相模湾」と呼ぶが、そこに沈められた大きな籠。これこそ定置網であり、我々の生活の糧である。その二つが融合した人智の極み。これらは決して裏切らないし、虚偽または出鱈目なことは一切しないのである。
で、皆さんの興味は、森友の魚市場たる名誉校長が誰かって所ですかね?

今日のヒラメ ・・・ 332枚
posted by にゃー at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック