2017年04月10日

魚市場の化粧はブリマビスタ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ・ワラサ 860キロ、サバ 130キロ
       小サバ 210キロ、イシダイ 65キロ
       アジ 80キロ、スルメイカ 50キロ
       ヒラマサ 80キロ、ホウボウ 60キロ
       スズキ 40キロ
「石橋」定置:サバ 280キロ、アジ 50キロ
       ホウボウ 70キロ、スズキ 45キロ
「 岩 」定置:ワラサ 3.3トン、サバ 190キロ
      アジ 440キロ、小サバ 220キロ
「原辰」定置:アジ 50キロ、サバ 230キロ
「江の安」定:アジ 100キロ、小サバ 70キロ
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 1.6トン、サバ 60キロ
       イシダイ 120キロ、ウマヅラハギ 40キロ
「福浦」定置:サバ 290キロ ほか
「大磯」定置:アジ 110キロ、イシダイ 50キロ
       サバ 180キロ、カタクチイワシ 40キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ 300キロ、ヒラマサ 30キロ
       メジナ 30キロ

高知 ・・・ 釣キハダ・キメジ 570キロ

朝の化粧直しに「ワラサ」さんも下地をしっかり決めれば「ブリ」の様な輝きを演出。メイクレスな黄肌実感は自然体で素材本来の内なる輝きと魅力を引き出す。「ヒラマサ」の金色の太いバンドも自然なつやで新鮮に見せます。
美しい地魚は下地がしっかりしているからこそ。今日の魚はべっぴんぞろい。

今日のヒラメ ・・・ 240枚
posted by にゃー at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック