2017年04月17日

魚市場は朝のヒットスタジオ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ・ワラサ 1.5トン、サバ 130キロ
       アジ 330キロ、ヒラマサ 60キロ
「石橋」定置:アジ 700キロ、サバ 260キロ
       ブリ・ワラサ 140キロ、ヒラマサ 70キロ
       ウマヅラハギ 70キロ
「 岩 」定置:ブリ・ワラサ 5.3トン、ボラ 190キロ
       イナダ 210キロ、イシダイ 320キロ
       メジナ 50キロ
「原辰」定置:マルアジ 140キロ、ウマヅラハギ 40キロ
「江の安」定:イシダイ 60キロ、アジ 40キロ
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 810キロ、サバ 350キロ
       イシダイ 140キロ、ウマヅラハギ 50キロ
「福浦」定置:サバ 370キロ ほか
「大磯」定置:ブリ・ワラサ 130キロ、サバ 280キロ
       アカカマス 180キロ、アジ 110キロ
       イシダイ 70キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ、マルアジ ほか

和歌山 ・・・ キハダ 700キロ、キンメ 210キロ

前日には夏日を迎え、明日には大荒れの予報が出ている中での休み明け。
「ワラサ」を中心に「アジ」や「イシダイ」、「サバ」といった常連が顔を揃えた。
「クラスで五番目に可愛い子」と言えば「桑田靖子」だが、本日5番目に紹介するのは爆獲れこそないが、ますます巨体の存在感を増しつつある「ヒラマサ」である。
その昔、DSといえば「20世紀最高の工業製品」と評され、今の時季の「ヒラマサ」なら「春マサ」と称して歓迎されたモノだが、近年、世間的にはどうやら「春マサ」の価値は低下しているようで、この季節に獲れる大型魚として完全に「ブリ」の影に隠れてしまっている感がある。
春先から初夏にしか顔を出さない際物の特徴が裏目に出ていると言うことなのだろうが、本来、日本人ならその時季に獲れる旬を楽しみにし味覚を探した物であるが、今や鮮魚業界もマーケットの型にはめ込まれた魚の売り方しか許されない現れと言えるだろう。
この4月に「サンマ」食べたいと思うのは結構だが、ちょっとそれは違うんじゃないか。非常に寂しいことであり、我々としても危機感を募らせる事態である。

今日のヒラメ ・・・ 259枚
posted by にゃー at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449088214
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック