2017年04月20日

訳あり魚市場のワラサゾーン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワラサ 9.2トン、サバ 470キロ
       ホウボウ 50キロ、チダイ 60キロ
       アジ 60キロ、カイワリ 70キロ
       マダイ 90キロ、イシダイ 180キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ワラサ 9.3トン ほか
「原辰」定置:ワラサ 120キロ、マルアジ 100キロ
「江の安」定:ワラサ 250キロ、サバ 50キロ
「二宮」定置:ワラサ 1トン、イシダイ 260キロ
       アジ 100キロ、アカカマス 90キロ
       カタクチイワシ 110キロ、サバ 90キロ
       ウマヅラハギ 90キロ、ヒラメ 100キロ
「福浦」定置:サバ 1.1トン ほか      
「大磯」定置:ワラサ 6トン、アカカマス 950キロ
       アジ 90キロ、サバ 80キロ
       ヒラメ 60キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:マルアジ 160キロ

山菜採集がテロの資金源になると認定されたら最後、テロ等準備罪になる世の中、魚市場もうかうかと「ナマコ」など並べていたら何を言われるか分からない世の中。市場とは組織的犯罪集団なのだろうか?むしろ我々は組織的販財集団になりたい。対北朝鮮のレッドラインは明確にならずとも、両者の間に立たされた存在は微妙な均衡の下の緊張感に、着弾の誤報まで流れる始末。実際に市場に降ったのは「ワラサ」ミサイル、約5000本。まさに市場はMOAB級の破壊力に揺れた。
とか何とか言いながら、小田原の珍魚を食べ尽くす番組「ワケあり!レッドゾーン〜マイナー魚介を溺愛し、食べまくる男」が今夜放送されるそうです。
先日、業界では知らぬ人のいないB氏が来場された際、期待通りに用意した「レッドバット」に食いついて、一体、あの魚がどのように料理されたのか、気になっていた所である。とはいえ、放送時間が出社時間とほぼ一緒という・・。
かくなる上はレッドブルでも飲んで頑張るっきゃない。[動画]

今日のヒラメ ・・・ 304枚
posted by にゃー at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449155052
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック