2017年04月26日

魚市場だったから良かった

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワラサ 16.7トン(3420本)、アジ 75キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ワラサ 650キロ、イナダ 300キロ
       ボラ 220キロ、アジ 70キロ
       メジナ 60キロ、イシダイ 60キロ
「原辰」定置:アオリイカ 30キロ、ヒラマサ 30キロ
「江の安」定:アジ 50キロ ほか
「二宮」定置:ワラサ 110キロ、イナダ 50キロ
「福浦」定置:サバ 120キロ、カタクチイワシ 400キロ
「大磯」定置:アジ 270キロ、アカカマス 330キロ
       ワラサ 70キロ、サバ 50キロ
       カタクチイワシ 50キロ、スズキ 50キロ

伊豆方面からは、
「富戸刺網」:イセエビ 60キロ
「下田漁港」:イサキ 65キロ ほか
「式根漁港」:キンメダイ 260キロ
「波浮漁港」:キンメダイ 80キロ ほか
「沼津底曳」:クロダイ 100キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 210キロ、スズキ 40キロ

しかしまあ連日これだけ数千本単位の「ワラサ」が獲れてるけれど、魚市場に揚がるから嬉しいですね。
お客さんも集まるし、活気が出ます。これがゴルフ場だったら、フェアウェイに緑色の「ワラサ」が敷き詰められる所。ダフったら切り身が空を飛びかねません。足場も安定しないのでボールの挙動も難しい事になるでしょう。

今日のヒラメ ・・・ 116枚
posted by にゃー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449353302
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック