2017年05月03日

魚市場についてこい

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワラサ 200キロ、イシダイ 100キロ
       アジ 250キロ、カタクチイワシ 40キロ
「石橋」定置:ワラサ 250キロ、アジ 60キロ
「 岩 」定置:ワラサ 1.6トン、アジ 60キロ
「原辰」定置:ワラサ 90キロ、ヒラマサ 60キロ
「江の安」定:スズキ、サバ ほか
「二宮」定置:サバ 100キロ、カタクチイワシ 100キロ
       アジ 80キロ
「福浦」定置:イナダ 1.4トン、ワラサ 100キロ
       アオリイカ 150キロ
「大磯」定置:アジ 330キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ヒラマサ 800キロ、サワラ 85キロ
「沼津底曳」:マダイ、クロダイ ほか
「富戸刺網」:イセエビ 40キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:サバ 80キロ、アジ 75キロ
       ヒラマサ 60キロ

「ワラサ」一色の様相から徐々に「アジ」へのシフトが起きているようで、一向に進まない連休前。
全体的なボリュームダウンと種類的に豊富なバリエーションアップで、買い手とすれば楽しい市場になった模様。
ただ「地アジ」の絶対量の少なさは如何とも出来ず、相場はさらに高値追求型。美味しい魚は人気が高い。
これすなわち、高い魚はやっぱり美味しいのだ。

今日のヒラメ ・・・ 149枚
posted by にゃー at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック