2017年05月06日

魚市場はすぐに治りたガール

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 140キロ、アジ 130キロ
       イシダイ 60キロ、ワラサ 70キロ
       カタクチイワシ 80キロ、サバ 50キロ
       ホウボウ 50キロ
「石橋」定置:アジ 80キロ、ヒラマサ 90キロ
       ワラサ 50キロ、カタクチイワシ 50キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 420キロ、ボラ 350キロ
       アオリイカ 100キロ、スルメイカ 80キロ
       メジナ 80キロ、ワラサ 90キロ
       イシダイ 120キロ、クロダイ 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:カタクチイワシ、ヒラマサ ほか
「二宮」定置:ヒラマサ 130キロ、アカカマス 230キロ
       アジ 100キロ、ヒラメ 50キロ
       サバ 150キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 1.2トン、アカカマス 1トン
       サバ 100キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ 80キロ ほか
「下田漁港」:キンメダイ 420キロ ほか
「熱海丸網」:アカカマス 270キロ ほか
「波浮漁港」:アブラボウズ 250キロ、キンメ 160キロ
「富戸刺網」:イセエビ 60キロ
「西伊豆釣」:サザエ、マダイ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 350キロ、スズキ 150キロ

和歌山 ・・・ キンメダイ 490キロ、キハダ 350キロ

小田原はこの連休、祭りの熱狂にあって魚も人も浮かれモードの三日間を過ごした。
今朝の魚市場は浮き沈みの激しい水揚げ状況も相俟って、まさに「兵どもが夢の跡」といった風情。
思った以上に獲れたところもあれば、思った以上に獲れなかった網もあり、なんだか不思議な休み明け。
鎌倉の海では赤潮発生なんてニュースもありますが、この時期の赤潮は言わば「時候の挨拶」のようなもの。
これが過ぎれば本格的な夏に向けて、心に準備も出来ようという事だ。

今日のヒラメ ・・・ 206枚
posted by にゃー at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック