2017年05月08日

おきらくごくらく魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 170キロ、サバ 190キロ
       チダイ 50キロ
「石橋」定置:アジ 220キロ、サバ 230キロ
       ワラサ 80キロ、チダイ 80キロ
       ヒラマサ 50キロ
「 岩 」定置:アジ 220キロ、サバ 140キロ
       スルメイカ 110キロ、ワラサ 260キロ
       アオリイカ 80キロ、ヒラマサ 60キロ
「原辰」定置:アオリイカ 80キロ、メジナ 30キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 120キロ ほか
「二宮」定置:アジ 120キロ、アカカマス 210キロ
       イシダイ 50キロ、サバ 210キロ
       カタクチイワシ 60キロ
「福浦」定置:イナダ 4.2トン、ヒラマサ 50キロ
「大磯」定置:アジ 460キロ、サバ 620キロ
       アカカマス 3.4トン

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:カタクチイワシ 110キロ ほか
「下田漁港」:キンメダイ 640キロ、メダイ 110キロ
「波浮漁港」:アブラボウズ 110キロ
「網代定置」:アオリイカ 190キロ
「西伊豆釣」:マダイ、イサキ ほか
「富戸刺網」:イセエビ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 130キロ、アカカマス 410キロ
       サバ 70キロ
「江ノ島網」:アジ 75キロ

大島釣船 ・・・ 釣キンメダイ 530キロ

東の「大磯」と西の「福浦」の好調は引き続きながら、休み明けの漁模様はどこも魚種豊富。
特に今年の「アオリイカ」は、近年最強と言うほどに大きく育ち、産卵シーズンを迎えて巨大な群れが接近しつつあるようで、まだまだ増えそうであり、逆に「スルメイカ」は、生まれたての小さな所謂「ムギイカ」が顔を出して来ており、こちらも今後の増量に期待が高まる。
「マアジ」や「サバ」の定番地魚はもちろん、今朝は「アカカマス」と「イナダ」のあまりの多さに「お気楽」とは行かないが、それでも買受人にとっては文字通り「地魚」の極楽の様相を呈していた。

今日のヒラメ ・・・ 255枚
posted by にゃー at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック