魚体中骨抜き器販売中

2017年05月23日

テヅルモヅル

20170523_tdrmdr.jpg

これ立派な生き物です。活きてます。

見た目から「鳥の巣」と漁師に揶揄され、疎まれる存在ではありますが、堂々と「クモヒトデ」の仲間に分類され、普通に海に棲む棘皮動物の一種であります。

しかし、このモジャモジャの見た目と触手一本一本が意志を持ったかのように独立して動く様は見るものを全て釘付けにするインパクトがあり、今朝の競りに並んだ魚介類の中でも最も注目を浴びる結果となりました。

漢字で書くと「手蔓縺」。「手が蔓のように伸び、もつれちゃってる」という意味になろうか。

これだけの手練れともなれば、あの手この手、万策尽くして、あらゆる困難を乗り切ることが可能だろう。
うらやましい限りである。

これ本当に二宮の定置網に入ったのだろうか?
ラベル:珍魚 海草貝類
posted by にゃー at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック