2017年06月09日

純白魚市場のブルーダイヤ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 80キロ、カタクチイワシ 340キロ
       キハダ 40キロ、サバ 50キロ
       ウルメイワシ 80キロ
「石橋」定置:アジ 70キロ、カタクチイワシ 360キロ
       ウルメイワシ 60キロ、サバ 60キロ
「 岩 」定置:ワカシ 650キロ、マイワシ 300キロ
       スルメイカ 200キロ、アジ 100キロ
「原辰」定置:マイワシ 200キロ、ウルメ 70キロ
       カタクチイワシ 200キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 150キロ ほか
「二宮」定置:アジ 180キロ、カタクチイワシ 60キロ
「福浦」定置:ワラサ 6.9トン、イナダ 370キロ
「大磯」定置:アジ 180キロ、サバ 100キロ
       アカカマス 110キロ、マルアジ 200キロ
       カタクチイワシ 170キロ、ワカシ 60キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 990キロ

東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 250キロ

神津島船 ・・・ 釣キンメダイ 380キロ
和歌山船 ・・・ 釣キンメダイ 130キロ
湘南方面他 ・・ 生シラス 900キロ

金銀パールのプレゼントはありませんが、まるでパレンバンの落下傘部隊を思い出す白さに染まった魚市場、待望の白星を獲得した球団もあれば、待望の「生シラス」を大量ゲットできた買受人も現れ、さながら「シラス」景気に沸く状況。
しかし、目を転じてみれば獲れていた「小田原アジ」は急減し、相場は一気にヒートアップ。魚は空気を読まず、相場もまるで読めません。まるで宝石のような相場高騰に怯んだ人も多かったようでした。
posted by にゃー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック