魚体中骨抜き器販売中

2017年08月05日

そんな魚市場で脱げるわけ?

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 350キロ、ヤマトカマス 180キロ
       ワカシ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1トン ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 300キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 110キロ ほか
「二宮」定置:サバ 130キロ、マイワシ 110キロ
「福浦」定置:ワカシ 520キロ、サバ 50キロ
「大磯」定置:マイワシ 200キロ、ワカシ 100キロ
       アジ 80キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ
「江ノ島網」:アジ 330キロ

今の世の中、加工なしで勝負、できる?
と言われて、鮮魚の一次加工による出荷、発送は当たり前になりつつあります。
現状、小田原の海で獲れる魚も細かい魚が多くなってきて、ますます魚屋さん、板前さんの仕事の細かさ、ハードルは増すばかり。その負担の軽減と分担、シェアを経済的に解決するのが加工施設だ。
完成の暁には、新たな鮮魚流通の夜明けとなることは必定である。その時を心待ちにする人は、きっと多い。

今日のイセエビ ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 13:24| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]