2017年08月12日

あの夏いちばん静かな魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワカシ 280キロ、ウルメイワシ 100キロ、ヤマトカマス 130キロ、小サバ 80キロ、ヒラソウダ 60キロ、サバ 90キロ
「石橋」定置:ワカシ 2トン、ヤマトカマス 280キロ、ヒラソウダ 90キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 200キロ、ワカシ 40キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 200キロ、ワカシ 100キロ、ショウゴ 50キロ
「江の安」定:ヤマトカマス ほか
「二宮」定置:アジ 330キロ、サバ 170キロ、小サバ 2トン、ワカシ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 220キロ、小サバ 550キロ、マルソウダ 130キロ、ショウゴ 120キロ、ワカシ 110キロ、マイワシ 70キロ、コノシロ 45キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:カツオ、ヘダイ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 230キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 370キロ
「江ノ島網」:アジ 55キロ ほか
「佐島釣船」:釣カツオ 920キロ ほか 

3連休を控え、最悪のタイミングで迎えた「山の日」を過ぎ、一日だけの土曜日開市。狭間の休み明けとは言え、一部休漁もあるなど魚のまとまりは低調に終わり、全体にボリューム低め。「ワカシ」と「ヤマトカマス(ミズカマス)」が目立ち、釣りの「キンメダイ」や「カツオ」の入荷に支えられ、湘南の「マアジ」に助けられたと言っても過言ではない結果。
夏枯れの現状とは言え、相場の高騰は引き続いており非常に不満の残るお盆突入となった。
三日休んで良くなるかと言った所で海の事情は不確定要素が多すぎてとても良し悪し言えないが、少しでも魚が増えるように祈るのが役目なら、「雨乞い」ならぬ「魚乞い」でもなんでもせにゃならぬと思いはじめている。

今日のイセエビ ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 13:48| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]