2018_fespos.jpg

2017年08月17日

白身至上主義反対の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 850キロ、ヤマトカマス 270キロ、アジ 170キロ、小サバ 270キロ、ワカシ 40キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 830キロ、サバ 140キロ、ウルメイワシ 70キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 640キロ ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 260キロ、ショウゴ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 200キロ、ヤマトカマス 70キロ
「福浦」定置:ワカシ 630キロ、サバ 330キロ、シイラ 60キロ、アジ 80キロ
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 300キロ、タチウオ 60キロ

「カマス」中心の水揚げにあって、今朝の目玉は「福浦」定置に入った「スマ」か。
スマカ」ではない、「スマ」である。こんな時こそ、「スマホ」で拡散できれば良かったんですけど。「スマ本」ではない「スマートフォン」である。
ソウダガツオ」の親分のような容姿にして、「マグロ」の舎弟のような良質の赤身が身上の「カツオ」の兄弟分。愛媛県では養殖された個体がブランド化され話題になりましたが、天然の「スマ」は相模湾ではより貴重で、脂乗りも文句なしの知る人ぞ知る高級魚としてごく一部にのみ流通しております。目にした人は超ラッキー。地魚界のエンジェルナンバーこと、「スマ(別名ヤイトガツオ)」をお忘れ無く。
ちなみに2011年の7月末には、「福浦」定置に100キロもまとまっていた。夏の魚、・・なのかな。

今日のイセエビ ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 13:32| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]