2018_fespos.jpg

2017年08月19日

エビスシイラ

20170819_ebichan.jpg
海にえべっさんがおりました


「シイラ」って2種類(1属2種)いるって知ってました?
私は知いらなかったです。

その「シイラ」でない「シイラ」がコイツ。

名前を「エビスシイラ」と言うそうです。

言われても判らないほどに、似ている。というよりほぼ一緒。

上の写真、右を向いている魚。上が「えべっさん」で下が普通の「シイラ」さん。

「米神」の漁師は、よくこの「シイラ」の山から見つけ出した物だ。普通に凄いと思います。

アンクルトリスの「恵比寿」は、ノーマルと大して変わらなかったが、心なしか「エビスシイラ」は腹回りが丸く、胴も詰まっているような体型をしている。普通の「シイラ」はあきらかにスマートであり、まるで「ライザップ」のコミット前後のような違いがある。

食味については不明だが、蛭子能収に通ずるヘタウマの感覚で良いと思う。
posted by にゃー at 17:44| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]