魚体中骨抜き器販売中

2017年09月06日

祝!魚市場は御混獲内定

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワカシ 2.5トン、マイワシ 790キロ、ヤマトカマス 40キロ、サバ 100キロ、イナダ 370キロ、カツオ 70キロ、マルソウダ 60キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 680キロ、マイワシ 1.2トン、ワカシ 1.6トン、ヒラソウダ 140キロ、小サバ 180キロ、イサキ 100キロ
「 岩 」定置:マイワシ 8.8トン、シイラ 180キロ、ワカシ 840キロ、サバ 50キロ、ヤマトカマス 170キロ、ヒラソウダ 170キロ、イサキ 100キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:マイワシ 700キロ、ワカシ 130キロ
「二宮」定置:マイワシ 4トン、ワカシ 460キロ、小サバ 800キロ、ヤマトカマス 190キロ、サバ 100キロ、ショウゴ 60キロ、イサキ 120キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 2.7トン、ワカシ 240キロ、イナダ 190キロ、シイラ 100キロ、カツオ 75キロ、ヤマトカマス 80キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 470キロ ほか

東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 200キロ、釣キメジ 150キロ

秋の夜長に虫が集くように、秋の暁暗には「イナダ(ワカシ)」が満る。
近頃「カマス」は押され気味の中、今朝は「マイワシ(ヒラゴイワシ)」が圧倒的。
「マルソウダ」など、この時期に大群を作って移動する回遊魚が代わる代わる現れることは、魚の増えた良い証拠。多くの魚が一度に獲れて選別はひと苦労。しかし、そのバラエティが地魚豊富な相模湾の定置網の身上であり、人気の秘密。これからますます目出度いことになりそうだ。

今日のイセエビ ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 12:34| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]