2017年09月29日

大蛇行で魚市場は代打乞う

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 1トン、小サバ 180キロ、ヒラソウダ 120キロ、マイワシ 100キロ、サバ 60キロ、ムロアジ 40キロ、小イサキ 50キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イナダ 1トン、ヤマトカマス 190キロ、メジナ 100キロ、ウルメイワシ 70キロ、ヒラソウダ 60キロ、ホウボウ 50キロ、イサキ 50キロ、ムロアジ 40キロ
「原辰」定置:小イサキ 220キロ、ショウゴ 70キロ、ムロアジ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 950キロ、サバ 100キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 1トン、サバ 140キロ、ワカシ 180キロ、ヒラソウダ 70キロ、シイラ 50キロ、サワラ 70キロ
「大磯」定置:アジ 120キロ、小サバ 440キロ、マルアジ 100キロ、ショウゴ 40キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワカシ 650キロ、メジ 100キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 330キロ、ショウゴ 50キロ

もはや「アジ」の代打は「アオアジ(マルアジ)」だけでは足りないとして、「アカゼムロ(ムロアジ)」の登場を願う季節になりました。昨日は伊豆の定置だったが、今朝は小田原周辺の定置網にチラリホラリ。脂乗りも期待を裏切らない高品質で、このまま増えてくれば年に数度の大漁チャンスはもう間もなくだ。

今日のイセエビ ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 17:35| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]