2017年09月30日

成長しないひょっこ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.2トン、イナダ 1.3トン、マイワシ 600キロ、サバ 200キロ、マルソウダ 120キロ、ヒラソウダ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 310キロ、サバ 100キロ、マイワシ 180キロ、イナダ 120キロ、ヒラソウダ 60キロ、小イサキ 40キロ
「 岩 」定置:マイワシ 1.4トン、イナダ 460キロ、サバ 220キロ、小サバ 800キロ、マルソウダ 50キロ
「原辰」定置:小サバ 300キロ、小イサキ 200キロ、クサヤムロ 250キロ、ヒラソウダ 50キロ、ショウゴ 40キロ
「江の安」定:サバ 30キロ、ウルメイワシ 30キロ
「二宮」定置:マイワシ 140キロ、イナダ 140キロ、マイワシ 250キロ、小サバ 70キロ、小イサキ 50キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 680キロ、ワカシ 70キロ、サワラ 60キロ
「大磯」定置:小サバ 100キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ウルメイワシ 520キロ

東方面からは、
「大磯釣船」:釣カツオ 90キロ
「平塚定置」:アジ 410キロ ほか
「佐島釣船」:釣カツオ 50キロ、釣スマ 50キロ

魚少なめ引き続き。「ウルメイワシ」は大きくなって再登場。の割りに「イナダ」が思ったよりも大きくならないのはなぜ?「カツオ」も小さめ主体だし、「サバ」も時季になっても太りが弱いとか、「ミズカマス(ヤマトカマス)」ももう一回り大きくなってこないなど、今朝も心配のタネは尽きません。

今日のイセエビ ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 14:19| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]