2017年10月12日

食を捨てよ魚市場へ行こう

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.8トン、マルソウダ 80キロ、サバ 70キロ、アカカマス 70キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.4トン、小サバ 890キロ、小イサキ 300キロ、イサキ 200キロ、ヘダイ 80キロ、サバ 90キロ、アカカマス 200キロ、イナダ 50キロ、シイラ 40キロ
「 岩 」定置:小サバ 670キロ、サバ 550キロ、ヤマトカマス 380キロ、アカカマス 180キロ、シイラ 120キロ、マルソウダ 100キロ、イサキ 90キロ
「原辰」定置:ショウゴ 80キロ、サバ 230キロ、ヤマトカマス 270キロ
「江の安」定:イサキ 100キロ、サバ 40キロ、ショウゴ 30キロ
「二宮」定置:イサキ 200キロ、サバ 70キロ、マルソウダ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 400キロ、サバ 110キロ、ヒラソウダ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 1トン、ヤマトカマス 200キロ、ショウゴ 140キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ワカシ 50キロ、ショウゴ 30キロ
「網代定置」:アカカマス 560キロ
「真鶴定置」:オアカムロ 300キロ
「沼津底曳」:ヤリイカ 40キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 220キロ ほか

黒潮の流れが相模湾向きになって奏功したか、流れに乗って「イサキ」や「サバ」、そして「ショウゴ(カンパチ)」と言った秋の定番魚中心に地魚は種類、量共に増加傾向。明日以降、気温も下がり、秋らしくなればより増えてくると考えられます。
明日以降は天候も下り坂、まずい給食同様、がらり一変と期待が高まります。

今日のイセエビ ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 17:29| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]