2017年11月04日

ナミクダヒゲエビ

20171101_kudahge.jpg

沼津の底曳き網で掛かる深海エビの一種。
沼津周辺ではよく知られたエビの種類で、一緒に獲れる「ヒゲナガエビ」と共に「ホンエビ」と呼ばれ、食用に利用されているようだ。地方によっては「ガスエビ」や「タカエビ」などとも呼ばれている。「ヒゲナガエビ」との区別は積極的にはされていないようである。

小田原に入荷するのは初めて確認しましたが、冷凍エビ界では、すでにメジャーな存在である「アルゼンチン赤えび」の仲間であると聞くと、身の色や形もよく似ています。きっと食味も似ているでしょう。
posted by にゃー at 18:56| Comment(1) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナミクダヒゲエビ、ヒゲナガエビともに、食味はアルゼンチン赤エビよりはホッコクアカエビ(甘海老)に近いと思います。鹿児島県の甑島や阿久根では、「薩摩甘海老」でブランド化しようとしています。
Posted by 地産地消 at 2017年11月08日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]