2017年11月06日

魚を獲らんぷりする魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 800キロ、イナダ 370キロ、ウルメイワシ 110キロ、サバ 120キロ、ヒラソウダ 80キロ、ヤマトカマス 70キロ、カマスサワラ 50キロ
「石橋」定置:イナダ 720キロ、ヒラソウダ 40キロ、サバ 40キロ
「 岩 」定置:イナダ 150キロ、マルアジ 50キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 30キロ ほか
「江の安」定:ヒラソウダ 100キロ、アジ 30キロ
「二宮」定置:アジ 250キロ、小サバ 250キロ、サバ 120キロ
「福浦」定置:イナダ 850キロ、ヒラソウダ 90キロ
「大磯」定置:小サバ 160キロ、アジ 60キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ショウゴ 60キロ、アオリイカ 30キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 90キロ、タチウオ 45キロ

平塚マニアなら知っている「神奈川大学湘南ひらつかキャンパス」最寄りのバス停「山の神」。
いよいよ今年度は「順天堂」、「東洋」、「青山」と来た伝統の「山の神」の称号がついに「神大」に降臨しそうな予感。しかもご近所の「東海大学」も虎視眈々と狙っており、神奈川県勢は上位争い必至。
今度の正月は二校軸からの連複流しで鉄板だ。
posted by にゃー at 12:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]