2017年11月07日

稼働率低下に悩む魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラソウダ 310キロ、イナダ 170キロ、サバ 70キロ、ウルメイワシ 60キロ、カマスサワラ 50キロ
「石橋」定置:イナダ 130キロ、ヤマトカマス 50キロ
「 岩 」定置:キハダ 70キロ(1本) ほか
「原辰」定置:マルアジ、小アジ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 110キロ、小サバ 120キロ、ウルメイワシ 210キロ
「福浦」定置:イナダ 120キロ、ウルメイワシ 100キロ、サバ 40キロ
「大磯」定置:小サバ 150キロ、マルアジ 70キロ、カタクチイワシ 40キロ

伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ
「網代定置」:イナダ 480キロ、アジ 200キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ

日産の工場にも負けない閑古鳥。いや閑古魚。
そして、これから忙しくなるのはロッキード・マーティンだけ。
心なしか港の水も澄んできて、あからさまにパラダイス。
「カタクチイワシ」が見えたのは冬の到来の知らせか?
休み明けのベテルギウスに聞いて見よう。
posted by にゃー at 13:36| Comment(3) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントにもワビ、サビが欲しいです、小田原の漁港のように水深の浅い奥いきのない話題はどうかと、もうちょっと深みのある味わい深いものをお願いいたします。時事ネタや宇宙人はどうかと、小田原の自然のはなしとかお願いいたします
Posted by 都会の淑女 at 2017年11月07日 14:28
相模湾を代表する小田原漁港の水揚げに日産問題をブラックユーモアに使うのはどうかと思う

その問題の影響でで魚が食べられないで困る人も魚が売れないで困る人も間接的に居るはずだよ
Posted by 神奈川県民 at 2017年11月07日 21:50
ヒラメはまだなんでしょうかね?

私はすんごく長く読ませていただいてますけど、
いつもユーモアや知己に溢れてると思ってますよ。

個々のブログは新聞記事のような公器ではありません。
Posted by イクチィ at 2017年11月08日 07:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]