2017年11月20日

魚市場もAC/DCだ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 360キロ、アカカマス 170キロ、イナダ 90キロ、ホウボウ 80キロ、アジ 70キロ、サバフグ 60キロ、サバ 40キロ
「石橋」定置:アカカマス 1.4トン、アジ 250キロ、ヒラソウダ 140キロ、ヤマトカマス 160キロ、イナダ 100キロ、サバ 70キロ
「 岩 」定置:イナダ 130キロ、ヤマトカマス 50キロ、ホウボウ 40キロ
「原辰」定置:アジ 60キロ、ヤマトカマス 50キロ、アカカマス 40キロ
「江の安」定:ヒラソウダ 80キロ、アジ 40キロ
「二宮」定置:アジ 660キロ、アカカマス 190キロ、ショウゴ 100キロ、サバ 60キロ
「福浦」定置:イナダ 170キロ、ヒラソウダ 80キロ、サバ 60キロ
「大磯」定置:アジ 70キロ、小サバ 140キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 250キロ、イナダ 200キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ、シイラ ほか

思わず「寒い」って魚の声が聞こえてきそうな今朝は、冬に乗り遅れた「AC」=「アカカマス」と「DC」=「ダイワカマス」=「大和カマス」=「ヤマトカマス」が市場を支えてくれた。秋らしい丸々とした「カマス」は食べ頃で、「マアジ」などと共に小田原を象徴する魚でもある。
一方で、少量ながら「ブリ」や「ナガズミヤキ(クロタチカマス)」が揚がり始めたことは嬉しいニュースであり、冬枯れの噂を吹き飛ばすにふさわしい知らせである。
しかし、いずれも少量であり、出回りは限られる。食べたい人は、お店に並んでいる今のうちにお早くどうぞ。
posted by にゃー at 13:02| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]