2018_fespos.jpg

2017年11月29日

イナダに征服された魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 640キロ、アカカマス 90キロ、サバ 80キロ、アカヤガラ 50キロ
「石橋」定置:イナダ 430キロ、ウルメイワシ 150キロ
「 岩 」定置:イナダ 930キロ、サバ 70キロ、アカカマス 40キロ
「原辰」定置:アカカマス 350キロ、ヒラソウダ 40キロ、ヤマトカマス 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 1.1トン、サバ 60キロ、メアジ 40キロ
「大磯」定置:アジ 90キロ、メアジ 80キロ、アカカマス 50キロ

伊豆方面からは、
「富戸釣船」:釣クロムツ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 300キロ、メアジ 40キロ

毎日、毎日、「イナダ」と顔を合わせていると、「またオマエか」とつい口に出そうになるけれど。
♪12月からは沖に行ってしまう「イナダ」に打ち明けたい気持ちが…
でもこのままでいいの、ただのクラスメイトだから。失う時、はじめてまぶしかった時を知るの〜(ってユーミン、天才か!)。
・・と言いつつも、本当に「イナダ」が獲れなくなるかは・・誰も知らない。
posted by にゃー at 12:32| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]