2018_fespos.jpg

2017年12月16日

ツバメコノシロ

20171216_tsubakuro.jpg
YouTuberめ。コノー、面白い事しろ!の略。
「ツバメコノシロ」です。


先日の「クロサギ」の項でも紹介しましたが、産地で「アゴナシ」と呼ばれる事の多い魚です。

黒潮の影響が強い年によっては、夏から秋にかけて沿岸に接近し、群れによってまちまちですが、大体20〜30センチくらいの大きさのものが定置網に入ります。

今朝は、この真冬に伊豆の刺し網に一匹だけ掛かりました。

背ビレ、尻ビレ、尾ビレの先端が鳥の「ツバメ」の様に長く伸びた様から名付けられたのでしょうが、「コノシロ」とは別の種類になります。
「コノシロ」には小骨が多く食べにくいイメージがありますが、こちらは食べてみてもかなり旨味のある白身で、刺身でも塩焼きなどにしても美味です。
posted by にゃー at 07:49| Comment(1) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それだけ?
時々、外道で釣れるので
美味しい食べ方でも
紹介してください
Posted by わんぼう at 2017年12月16日 09:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]