魚体中骨抜き器販売中

2018年01月06日

軽快な魚市場に警戒すべし

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ、サバ ほか
「石橋」定置:イナダ、サバ ほか
「 岩 」定置:スルメイカ 100キロ ほか
「原辰」定置:アオリイカ、ヒラソウダ ほか
「江の安」定:ヤリイカ、スルメイカ ほか
「二宮」定置:アジ、サバ ほか
「福浦」定置:イナダ 160キロ ほか
「大磯」定置:小アジ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 150キロ
「川奈杉本」:メジナ 50キロ ほか
「伊豆釣船」:釣クロムツ ほか

20180106_043556.jpg初競り明けて、新年二発目。寒い。寒かった。
そして軽い。どこも軽かった。目立ったのは「スルメイカ」と「イナダ」くらいのものか。
軽いついでに、スマホでページを見ると煩わしかった広告を除去。
当社比で200%のブラウジング高速化に成功。ただし軽くなったのはイイが、内容まで軽々しい・・・のはいつも通りか。
軽率、軽はずみ、そそっかしい、軽佻浮薄、あさはか、尻軽、ちゃらんぽらん、心無い、軽薄、不真面目、浅膚、不謹慎、薄っぺら、馬鹿丸出し、調子者、安っぽい、お気楽、表面的・・大好きな言葉だ。
ハナ肇とクレージーキャッツ」を聴きながら戌年に「犬塚弘」の今を思う。
20180105_news.jpg追記。軽いと言えば、昨日の初競りの模様を写したコチラの報道写真。獲れたて鮮魚の入った箱の上に乗るのは、衛生的ではありません。もちろん市場の人間は、その体重の軽さを利用して箱に乗っているように見えますが、浮いています。あくまでも、浮いています。ドラえもんの様に浮いていますので、ご安心を。
posted by にゃー at 16:50| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]