2018_fespos.jpg

2018年01月09日

アカイサキ

20180109_akaichamp.jpg
え?2種類いるじゃない?って'`ィ(´∀`∩


そう親子。


黄色い方が「浪速のロッキー」赤井英和で、

小さい方が娘の赤井沙希(あかいさき)。


・・でなくて、黄色い隈取りが綺麗な方がオス。右側、赤一色の若干小ぶりな方がメス。

この仲間の多くはメスとして生まれ、大きくなるにつれ群れの中からオスへと性転換する個体が現れ、ハーレムを形成するのです。
その為、群れに当たると立て続けて釣れます。

写真の2匹はつがいでしょうか。
つがいと言っても、大きなオスが10代の若いメスに噛みつくようなことはいたしません。

総じて大きいオスの方が美味しいと言われますが、明確に食べ比べた事はありませんね。

それにしても「イサキ」のスマートな体型とは似ても似つかぬ、ずんぐり体型。

あまり褒められた名付けとは言えないかも知れません。

え?なら、どんな名前を付けるかって?

「通天閣」


だからそれは「赤井沙希」の名前だろっ
posted by にゃー at 11:31| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]