魚体中骨抜き器販売中

2018年01月10日

深刻なウオロスに魚市場は

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ、アオリイカ 30キロ
「石橋」定置:サバ、アオリイカ ほか
「 岩 」定置:マルソウダ 1.6トン ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

20180110_102603.jpg毎年恒例。伊豆方面へお年始回り。
イトウ(1/10)の日に伊東へ向かう縁起良さ。
東伊豆一帯、どこも魚が少ないのは同じよう。
それでも船の修理やら網の手入れ、トラック磨き、あちこちで皆さん働いてます。
獲れた時に備えて、獲れない時を充実させる。出来る事を出来る時に。
そして、豊漁期を意識して「小田原魚市場」も種を蒔く。
午後。沖は風強く、うねり有り。明日も厳しい状況か。
posted by にゃー at 16:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]