2018年02月14日

アミウツボ

20180120_amiut.jpg
あ、これ、小津安二郎「東京暮色」
に出てくる鰻屋の看板のイメージ


これね。
2018_unagiya.jpg縞模様の「ウツボ」で書くとこれまたいかがわしさが増して、毒々しさが出まくってます。この鰻屋は、早々に店仕舞いすることになるでしょう。

20180119_amiutu.jpg
♥マークで迫ってみても「アミウツボ」は「アミウツボ」


「ウナギ」の減った今こそ出番は近い、と思ったか思わないか、ちょっと出てくるのが早かった。

今のところ利用価値は無し、と言うことで「蒲焼き」実験に駆り出されることもなく、あえなく海へお引き取り。

時代が追いつくのを待つしかないのか。

「アミウツボ」は、今日も小田原の海で出番を待っている。
posted by にゃー at 15:27| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]