2018年02月24日

この街の魚市場でやりました

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤリイカ 120キロ、サバ 60キロ
「石橋」定置:ヤリイカ 120キロ ほか
「 岩 」定置:ヤリイカ 240キロ ほか
「原辰」定置:ヤリイカ 170キロ ほか
「江の安」定:ヤリイカ、メジナ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 640キロ ほか
「大磯」定置:アジ 60キロ ほか

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 60キロ

和歌山船 ・・・ 釣キンメダイ 150キロ

今年は「ヤリイカ」の漁獲が多い。気がする。
20180224_0749.jpg魚がいない分、小さい頃に沢山生き残ったのだろーか。
今年は「ヤリイカ」の獲れる期間が長い。気がする。
魚がいない分、縦横無尽に泳いでいるのだろーか。
今年は「ヤリイカ」が全体に小さい。気がする。もう群れも終盤になって、サイズダウンしたのだろーか。
今年は「ヤリイカ」の競り値が安い。気がする。
これだけ獲れれば致し方のない事だろーか。
今年は「ヤリイカ」が美味い。気がする。
森高千里の歌詞ではないが、「安くて新鮮」だからだろーか。
20180224_0755.jpg森高千里、天才か!
え?このブログ、魚市場の水揚げ情報なのに、たびたび作詞家が賞賛されるのは何故かって?
そりゃあ、河岸(=歌詞)ですから。
posted by にゃー at 17:45| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]