2018年03月09日

魚市場は魚の人生交差点

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ、ウマヅラハギ ほか
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ 270キロ

20180309_0655.jpgが並んだ今朝の水揚げにあっても、小田原の漁師達は底力発揮。
めにした畜養「ウマヅラハギ」や「活イシダイ」、刺網の「活ヒラ」、「アンコウ」等が並び、荒天にも関わらず貴重な魚が並んだ。
市場に魚さえあれば、情報が産まれ、人が集まリ、商売が産まれ、人が魚を呼ぶ。
20180309_0521.jpg魚が無ければ×(掛け)ても÷(割)っても、〇(ゼロ)は〇(ゼロ)。
そして今日も「網代」から来た「ブリ」が、市場を賑わせてくれた。
あとはXavier(ザビエル)の様に天気と漁の回復祈るだけである。
o(><)o
posted by にゃー at 15:46| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]