2018年04月12日

うちの魚市場は首相案件

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 150キロ、ホウボウ 110キロ、ワラサ 90キロ、スルメイカ 80キロ、小サバ 80キロ
「石橋」定置:スルメイカ 140キロ、サバ 50キロ
「 岩 」定置:イシダイ 450キロ、スルメイカ 70キロ、サバ 410キロ、ボラ 120キロ、ホウボウ 100キロ ほか
「原辰」定置:メジナ、カワハギ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 430キロ
「川奈杉本」:クロダイ 250キロ ほか
「網代定置」:ブリ・ワラサ 1.4トン
「宇佐美船」:生シラス 80キロ

東方面からは、
「江ノ島網」:クロダイ 60キロ ほか

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 120キロ

20180412_0745wrs.jpg20180412_0745swr.jpg今日は「パンの日」?
強風と時化であやうく「メロンパンの日」になる所でしたが、周辺定置の「ブリ」や「サワラ」、そして「小田原産カツオ」のおかげでなんとかボリューム増し増しできました。
20180412_0700.jpgさらに「首」を長くして待つ「湘」南の名物が、「安」定してとれてる「件」、略して「首湘安件」については、最近は「シラス」をトーストに乗せたり、生地に練り込んだ「しらすパン」も人気とかで、新メニュー開発も各方面で活発。今後、湘南から西湘へ、さらに相模湾一帯へ拡がる「シラス」の輪に可能性も拡がります。
20180412_1020mso.jpgそして、パンなのかビスケットなのかよく分らないけど、昔懐かしい「甘食」のような「アワビ」も箱詰め完了で、無事旅立って行きました。
posted by にゃー at 14:24| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]