魚体中骨抜き器販売中

2018年04月13日

四畳半魚市場神話大系

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 100キロ ほか
「石橋」定置:小サバ 140キロ、サバ 130キロ
「 岩 」定置:メジナ 60キロ、サバ 70キロ
「原辰」定置:小サバ 2.7トン、サバ 50キロ
「江の安」定:サバ 70キロ、スルメイカ 30キロ
「二宮」定置:イシダイ 300キロ、ブリ・ワラサ 120キロ、アジ 80キロ、サバ 70キロ、ウマヅラハギ 80キロ、メジナ 60キロ、ホウボウ 60キロ、カワハギ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 280キロ、イシダイ 40キロ
「大磯」定置:アカカマス 240キロ、アジ 200キロ、小サバ 450キロ、サバ 380キロ、イナダ 120キロ

和歌山船 ・・・ 釣キハダ 1.1トン

20180413_1236rabca.jpg「小サバ」の姿は見えど「小田原アジ」の姿、まるで見えず。
相模湾沖を泳ぐ「アジ」へ告ぐ。もう少し岸に寄っておいでよ。きっと良い事あるかもよ。
20180413_0547pokan.jpg同じ岸に寄ってくるでも、「ラブカ」ばかりじゃ喜ぶのは水族館ばかりなり。
魚が少なけりゃ、仕事探しに総出で出動。店番するのも楽じゃ無いと言うが、20180413_0428esa.jpgエサに掛かった「マグロ」も、後から「サメ」に喰われりゃ浮かばれぬ。
方や、深海から浮かんでくるのは「イバラヒゲ」っていう。20180413_0717ibra.jpg「小田原アジ」もそうですが、「紅い魚」はどこへ行ってしまったのでしょうか?まるで相模湾に魚がいなくなってしまったかのようです。
これ笑い事じゃなく、真剣な話。
posted by にゃー at 15:26| Comment(4) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのイバラヒゲ、中町の某スーパーで購入し、刺身で美味しくいただきました。
思っていたより脂は乗っていなかったけど、大きなキモが入っており、キモ単独でも、刺身と合わせても、とても美味でした。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=584175878626754&id=578498472527828
Posted by 地産地消 at 2018年04月14日 22:13
そのイバラヒゲ、中町の某スーパーで購入し、刺身で美味しくいただきました。
思っていたより脂は乗っていなかったけど、大きなキモが入っており、キモ単独でも、刺身と合わせても、とても美味でした。
Posted by 地産地消 at 2018年04月14日 22:17
漁師さんのオススメも、お刺身でした。
一般的に言って、この魚が高鮮度で流通すること自体、ありえない。また一般の消費者がお刺身で食べられる事でさえ、信じられない事だと思います。
その意味で小田原の鮮魚流通チャンネルは幅が広く、懐も大きいと言えると思います。
これらを含め、豊かな漁場と食文化をつなげ、水産業界の盛り上がりと醸成に導けたらと思います。
Posted by にゃー at 2018年04月16日 12:41
返信ありがとうございます。
本当に、その通りだと思います。
小田原漁港では、あまり知られていない魚も含め、本当に多種多様な美味しい魚が水揚げされるということを少しでも多くの人に伝えたくて、フェイスブックに「おだわら地産地消」のページを立ち上げました。
ときどき覗いていただけると嬉しいです。
https://www.facebook.com/%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89%E5%9C%B0%E7%94%A3%E5%9C%B0%E6%B6%88-578498472527828/
Posted by 地産地消 at 2018年04月17日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]