2018_fespos.jpg

2018年04月16日

ふつくしい魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 370キロ、小サバ 160キロ、ホウボウ 180キロ、スルメイカ 80キロ
「石橋」定置:ワラサ 120キロ、サバ 100キロ、小サバ 160キロ
「 岩 」定置:ブリ・ワラサ 2.2トン、サバ 120キロ、アジ 60キロ、ホウボウ 60キロ
「原辰」定置:小サバ 980キロ、サバ 160キロ
「江の安」定:サバ 40キロ ほか
「二宮」定置:アジ 210キロ、マダイ 120キロ、カワハギ 70キロ、ワラサ 100キロ、ホウボウ 60キロ、イナダ 40キロ、ヒラメ 40キロ
「福浦」定置:サバ 670キロ、カガミダイ 40キロ
「大磯」定置:アジ 160キロ、ボラ 50キロ、カタクチイワシ 50キロ、ワラサ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ・ワラサ 750キロ
「川奈杉本」:クロダイ 50キロ ほか
「宇佐美船」:生シラス 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 400キロ ほか

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 250キロ
大島釣船 ・・・ 釣キハダ 120キロ

20180416_0604aol.jpg昨今「たまねぎヨーグルト」なる食べ物がダイエット方面を中心に流行ってるんだとか。
であれば、「ワラサきなこ」とか、「練乳アオリイカ」なんてのもありそうだ。実際、食欲が落ちるという点でダイエット効果があるかも知れないが、体に良いかどうかは保証しかねる。
20180416_0830teso.jpg最近はどうやら、「二宮」方面が調子よい。相模湾のどん突きとも言うべき、最奥に位置する定置網。
どうやら東からの潮流と西からの相反する潮流が上手い具合に溶け合って、最高のハーモニーを奏でているようだ。
この頃、何かと冷え込んでいるというアナタ、上手く行く秘訣を定置網に相談に行くと良いだろう。
posted by にゃー at 17:54| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]