2018年04月25日

活カミナリイカ


20180416_0828koika.jpg
誰かに見られている気がする・・

👀👀👀👀👀👀👀👀👀👀👀

イカの胴体に散りばめられた
大小様々な目玉模様が強烈な印象

その紋様から

「モンゴウイカ」や「マルイチ」など

と呼ばれる事があるが、

正式名称は

「カミナリイカ」

という「コウイカの仲間」である。

全国的には「モンゴウイカ」の方が
通りが良いようであるが・・

⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡⚡

「カミナリ」の名の由来は、
雷がゴロゴロなる季節に良く獲れたからとか、
雷の鳴る場所で獲れるとかということらしいが、
なんとなく一年中獲れているような気がする。

ただし群れる事は少ないようで、
獲れても一、二杯が網に入る程度である。

基本的には「コウイカ」と異なり
夏場が旬のイカである。

「コウイカ」の仲間の中でも
近海に生息する中では最大級で、
40センチ近くにもなるらしい。

同じ「コウイカ」の仲間には
次の種類が小田原周辺では良く獲れる

20180330_ko.jpg
模様の個体差が激しい「コウイカ(スミイカ)」

2013_shiriyake7.jpg
白点模様が特徴的な「シリヤケイカ」

他にも
ヒョウモンコウイカ」や「ヒメコウイカ」
などがいます。

利用としては「コウイカ」の仲間は
相場的にも区別なく取引されている
ようであるが、比較的大きめが人気。

定番の寿司ネタ、刺身や焼き物の他、
天ぷらや煮物、サラダなど、
イカとして万能である。

食感は他のイカとも比べて硬めの歯応えであるが、
身質のキメが細かく、独特の味わいがある。

初夏以降に出てくる
「コウイカ」の子どもは、
「新イカ」と呼ばれ、
旬の食材として
東京方面では高値で取引され、
夏の味覚と言われています。

.
posted by にゃー at 18:02| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]