2018年05月12日

魚市場のおっさんは地魚ラブ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.4トン、サバ 210キロ、小サバ 280キロ、小ムツ 100キロ、カタクチイワシ 80キロ、イサキ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 500キロ ほか
「 岩 」定置:アジ 930キロ、メジナ 240キロ、サバ 180キロ、アオリイカ 50キロ、ボラ 70キロ
「原辰」定置:マンボウ 60キロ、小サバ 90キロ
「江の安」定:小サバ 70キロ、アオリイカ 20キロ
「二宮」定置:サバ 340キロ ほか
「福浦」定置:サバ 150キロ、スルメイカ 75キロ、アオリイカ 40キロ
「大磯」定置:サバ 800キロ、小サバ 240キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣イシナギ 140キロ
「川奈杉本」:クロダイ 70キロ、イナダ 40キロ、サバ 40キロ
「宇佐美船」:釣アブラボウズ 140キロ、生シラス 40キロ

高知釣船 ・・・ 釣メダイ 1.1トン
和歌山船 ・・・ 釣カツオ 930キロ

20180512_ohaji.jpg今朝一番飛び出した「アジ」豊漁の報に、ザワッと色めき立てば、刹那に市場の雰囲気は魚を渇望するサバンナ状態。
今期は特大?「小田原アジ」と、一緒にこんこんと湧き出る地魚の泉に目の色変えて飛びつく買受人から、目玉の飛び出そうな馬鹿高が出れば、周囲も思わず「うお〜」とため息。
瞬間、冷静になった頭によぎる「買っちまった」も、最早ブレーキは効かず。
その熱意は市場という名のオアシス全体に伝染し、「メダイ」も「アブラボウズ」も「オオクチイシナギ」もてんこ盛りにあって、売りは絶好調。
加えて、あふれる「カツオ」は相場ダレ気味の中にあっても、空気を読んでなんとか完売。
気温の上昇と共に、魚の量も人のボルテージも上昇。
来週は5月後半、まさしく我々にとっての一学期の中間試験、そのものになるだろう。
posted by にゃー at 14:47| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]