2018年05月19日

祭があるから鯵がいた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 180キロ、イナダ 90キロ、サバ 110キロ、ウルメイワシ 60キロ
「石橋」定置:イナダ 170キロ、小サバ 200キロ、カタクチイワシ 60キロ
「 岩 」定置:アジ 1.8トン、ワラサ 200キロ、サバ 60キロ
「原辰」定置:小サバ 780キロ、メジナ 60キロ、カタクチイワシ 60キロ
「江の安」定:小サバ 100キロ、カタクチイワシ 40キロ、イナダ 30キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 350キロ、アジ 60キロ

伊豆方面からは、
「赤沢定置」:サバ 100キロ、マルソウダ 210キロ、アオリイカ 30キロ、イサキ 30キロ
「川奈杉本」:サバ 370キロ、アジ 70キロ、メジナ 70キロ、アカカマス 50キロ、クロダイ 50キロ
「宇佐美船」:生シラス 80キロ

東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 70キロ

和歌山船 ・・・ 釣キハダ 1.3トン

2018poster.jpg♪まーつりだ!まつりだ!まつりだ!
「あじ地魚まーつ〜り〜」!
白いふんどし引き締めた裸若衆はいませんが、白い軍手を手にはめた男達が、一生懸命、貝を焼きます。海老を焼きます。年に一度の大奉仕。
当日水揚げの「アジ」「地魚」はもちろんの事、「マグロ」も「お買得」も盛り沢山。おいしいメニューの出店も豊富に揃えて、皆様のお越しをお出迎え。
201805_kaisen.jpg今が一番、魚が美味しい季節と思えば、どう考えても行ってみるべし。サプライズもあれば、サブプライム向きもあり。
五感で感じろ、無邪気に食べろ。満腹中枢から満足を得るか、購買欲求を満たして充足するか。楽しみ方はあなた次第。
 
とにかく港で地魚と握手だ!
posted by にゃー at 16:32| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]