2018年06月09日

魚市場すればいいじゃない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 230キロ、小サバ 340キロ、サバフグ 100キロ、サバ 70キロ、ウルメイワシ 140キロ、カタクチイワシ 70キロ
「石橋」定置:アジ 260キロ、小サバ 200キロ、サバフグ 70キロ、ウルメイワシ 40キロ
「 岩 」定置:アジ 460キロ、イワシ混 200キロ、サバフグ 70キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 110キロ、ワラサ 70キロ
「江の安」定:ウルメイワシ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:アジ 190キロ、ワラサ 75キロ、イワシ混 130キロ
「福浦」定置:ワラサ 110キロ ほか
「大磯」定置:サバ、サバフグ ほか

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 140キロ
「真鶴釣船」:釣キンメダイ 70キロ
「宇佐美船」:釣アブラボウズ 50キロ
「川奈杉本」:メジナ、コショウダイ ほか

昨日の「イワシ」中心の水揚げから一転、今朝は「マアジ」多めの水揚げへ。
どうやら「ワラサ」も一回、落ち着きを取り戻しつつ、週明けの台風を迎えることになりそう。
2018_taifuu.pngその台風も沖通りとなる公算が大きく、うねりの状況次第だが、月曜の出漁も行われると考えられる。
火曜日以降は、季節的にも「小イサキ」が湧く可能性が高いが、まだ産まれたばかりのこの時期では、いわゆる「ウリンボ(ウリ坊)」の下、「ジャミ」が大勢を占めることが予想される。
20180609_sabafugg.jpg巧く魚を運んでくれる台風なら「アジ」でも「サバ」でも増えてくるだろうが、この様な特急台風では影響は期待薄か。波でも雨でも、風にしても被害のないことを願っている。
それにしてもいつもなら12月頃に増えてくる「サバフグ」が、この暑い時期に多いって、どういうこと?
posted by にゃー at 18:43| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]